本文へ移動

みっけクラブブログ

みっけクラブブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

★感謝の日★

2021-06-30
注目オススメNEW
 いよいよ本格的な夏の季節がやってきましたね。
早いものでもう6月が終わり、7月が始まろうとしています
子供たちにとっても1学期が終わり、みんなが楽しみにしている夏休みが徐々に近づいて参りました
今から楽しみにしている子ども達もいっぱいいるのではないでしょうか??
新型コロナウイルスの感染には十分に気を付けながら、楽しい夏の日々を過ごせるようにみっけクラブ一同努めて参ります

 さてみっけクラブでは6月20日がの日という事で日頃の感謝の気持ちを伝える為に感謝の日と称してメッセージカードと入浴の時に使うことが出来るバスボム作りを行いました。
 バスボムの材料となるのは重曹、クエン酸、片栗粉、市販の入浴剤の四種類まず最初に子ども達一人一人にボウルを渡し、材料を重曹:クエン酸::片栗粉:入浴剤の割合でボウルに入れた後はみんな両手を器用に使いながら、全部混ざり合うようにかき混ぜていきます。よくかき混ぜた後は霧吹き器を使って全体に水をかけながら均等にしっとりするまで更に混ぜていくのですが、この作業がなかなか難しく、水の量が多かったり、少なかったりするとバスボムがうまく固まらない為、みんな慎重に水の量を確認しながら、スタッフに「どうですか?」と確認しながら作業を行っていました
 混ぜ終わった後はバスボムの形付けに進んでいきます。ガチャガチャの容器に詰めて球体にしたり、またシリコン製の容器に詰めて形付けたりなど、みんなそれぞれ形を選びながら作業をしていきます。そしてある程度固まった後は容器から外していくのですが、しっかりと容器にバスボムの材料を押し固めないと固まってから取り出すときに崩れてしまう事が多い為、みんなしっかりと力を込めながら詰める作業をしていました(力を入れ過ぎて容器から取り出せなくなってしまったものもありましたが・・・
 バスボムが出来た後はラップやプチプチの緩衝剤を使って壊れる事が無いようにしっかりと包み、ラッピングの袋に入れていきます。そして子ども達が日頃の感謝の気持ちを込めて書いたメッセージカードを添えたら、父の日、感謝の日のプレゼントの完成です
 子供たちが楽しみながらも一生懸命作り上げたバスボム、喜んでいただけたならスタッフとしてもうれしい限りです材料も簡単に手に入れることが出来るので、お家で一緒に作ってみるなんていうのもいかがでしょうか

○Mothers Day○

2021-05-28
注目オススメ
   徐々に気温も暖かくなり、夏の季節が近づいてまいりました道行く人の服装も長袖から半袖の方が多く見られる様になり、子ども達から「今日一日暑かったです・・・」なんて声が聞こえてきます。
 夏が近づき楽しみが増える一方、札幌では急激に新型コロナウイルスの感染者が増加し、みなさんもご存じのとおり、5月16日からは緊急事態宣言も発令されましたまだまだ我慢をしなければならない時期が続きますが、スタッフ一同子ども達の体調や様子に十分気を付けながら、元気に毎日を過ごせる様に努めて参ります!!

 また5月中旬より豊平区役所の玄関前に札幌市協賛の下、コロナ感染防止対策の為の消毒液スタンド(パネル)を設置致しました。区役所に出向かれた際にはぜひともご覧ください♪

  さて5月の第2週目は「母の日」という事でみっけクラブでもお母さんへの日頃の感謝の気持ちを伝えるために「花束」のプレゼントを作成しました
(利用日程の都合上、制作が遅くなったり、出来なかった子達もいました 申し訳ございません
 まずは子どもたち一人一人にお母さんへの思いを込めたメッセージカードを書いてもらいました。みんな真剣にどんな言葉を伝えようか考えながら、一生懸命取り組んでいました
 メッセージカードが出来上がった後は今回の制作のメインと言える「花束」の制作に取り掛かりました。花は色紙や竹串を使ってバラの花をイメージしたものを作りました。色紙を何枚も重ねたり、竹串を使って花びらの丸みを付けたり、適量を考えながらボンドを使って花びら同士をくっつけたりなど、細かい作業が多く、難易度も高いものでしたですが「お母さんの為に」という思いからか、悪戦苦闘している子もいましたが、一生懸命作り上げてくれました
 また子ども達には「」だけではなく、「ぼんぼり」も作成してもらいました。丸く切った色紙を半分に折って一枚ずつ重ねて糊で貼りつけていくといった地道な作業ですが、とても集中して取り組んでくれていました。
 「」と「ぼんぼり」が完成した後は紙粘土で土台を作り、子ども達に正面に何を置くのか、高さや向きなどはどうするのかをといったレイアウトを考えてもらいながらそれぞれ土台に差し込んでいきました。その後のラッピングも子ども達一人一人が台紙を使って「花束」を包み、ひもでしばった後は思いを込めたメッセージカードを添えて完成です。持って帰る際には、みんな慎重に形が崩れないように気を付けてカバンにしまいこんでいました
 子ども達の汗と努力の結晶である花束、皆様に喜んでいただけたならクラブスタッフとしても大変うれしく思います
 今後もみっけクラブでは季節ごとの行事に沿った活動や制作を行っていこうと考えております

○みっけクラブ○

2021-04-27
注目オススメNEW

いよいよ新年度も始まりましたね♪ 

 4月から進級や進学により新たな環境での生活がスタートし、みっけクラブにも新しいお友達が増えました。期待や不安など色々な思いを持って子ども達は日々を過ごしているのではないでしょうか  みっけクラブでは新しい環境に早く慣れてもらえるように努力して参ります


 さて今回のブログでは、みっけクラブの行事についてお話しさせて頂こうと思います。
みっけクラブでは日常の活動だけではなく、四季に合わせた行事を行っています。
例年では母の日父の日手書きのメッセージカードを子供達に感謝の気持ちを込めて書いてもらい、創作、制作した作品と共に渡してもらったり、バレンタインデーではチョコレートを手作りしたり、ひな祭りには大福を生地をこねて作ったりなど子ども達にとって楽しみながら、イメージ力など養ってもらおうと考えながら行っています。また昨年からは市民農園の一画をお借りし、「みっけファームとして農作業体験をしています。子どもたち同士で協力しながら、を耕したり、雑草を取ったりそして作物を収穫したりなどの様々な体験を行いました。また農作業だけでなく、山ブドウを取りに行ったり、広い敷地で思いっきり体を動かしたりなど、自然に慣れ親しみながら子ども達の自主性や社会性を身に付ける事が出来る様に行いました。そして今年も昨年と同様に「みっけファーム」にて農作業体験を開始する予定です
 また以前のみっけクラブでは7月~8月にかけて秋田県までフェリーで行って、秋田の事業所の子ども達と交流したり、コーチの家でみんなで泊まったり、ネイパル砂川にいって制作活動を行ったり、ビンゴをしたりなど一泊二日以上の日程で「宿泊体験」を行っていました。またクリスマスには子ども達全員でカラオケに行って歌ったり、ゲームをしたりなどみんなで盛り上がる「お楽しみ会」も例年企画しています。また公共交通機関を使用して大通駅近辺にある創世スクエアに行ったり、北大にある博物館に行ったりなど交通機関の使い方や社会的マナーを学ぶための「外出体験」を行いました。
 本来であれば昨年も同様に上記の宿泊体験なども例年通り行う予定でしたが皆さんもご存じのとおり昨年の3月から新型コロナウイルスの感染が発生、拡大し学校の休校措置や外出自粛などの状況が続いた事も有り、みっけクラブとしても衛生面や感染予防の面から行事や活動の中止や規模の縮小を行いました
現在も新型コロナウイルス情勢は終息する気配を見せず、昨年と同様に以前のように行事を企画することが難しいのが現状です・・・。ですが保護者の皆様のご期待に少しでも添えられるように、子供たちの事を第一に考えて感染予防策の徹底などスタッフそれぞれが考慮しながら、少しでも子ども達の笑顔や成長を見られるように努力し、様々な体験、経験を積むことが出来る行事を行って参りたいと思います
 最近は天気も良くなり暖かい日も増えてきた事も有り、近所の公園に行って、ドッチビーをしたり、段ボールを使って公園の斜面を滑ったりなど「外活動」も行っています。外で体を動かすことが好きな子も多く、笑顔で活動に取り組んでくれていました
今後も十分に子ども達のケガには気を付けながら、みんなで元気いっぱい体を動かしていきたいと思います♪



○ひな祭り○

2021-03-22
注目オススメNEW
 2021年が始まった  と思いきや、早くも3月の後半に差し掛かろうとしています。子ども達も4月から進級や進学に期待に胸を膨らせていると同時に、新生活への不安など、様々な思いが交差していると思います。みっけクラブでは子ども達一人一人の気持ちに寄り添いながら日々の療育に励んで参ります  

さて3月と言えば、女の子の健やかな成長を祈る行事として「ひな祭り」がありました  
お内裏様やお雛様、三人官女や五人囃子などのひな人形を飾ったり、ちらしずしを食べたりなど、女の子達にとっては特別な日ですね  
というわけでみっけクラブでも「ひな祭り」に関連した季節の制作を行い,「大福を作る事にしました  
 
 白玉粉を使った生地はスタッフが作成しましたが子ども達にはその生地を使ってあんこやイチゴを自分たちの手で包んで、大福を作り、ラッピングをしてもらいました。まずみんなにはしっかりと手を洗ってもらい、スタッフから手順の説明を聞いてもらいました。実際にスタッフが見本を作っていったのですが、誰もが真剣に説明を聞き、手順も集中して見ていました  片栗粉を使用した打ち粉をしっかり手に付けて一人一人に渡された生地をしっかりと伸ばしていきます。大きく伸ばした後は、あんこを真ん中に乗せて包んでいきましたが、打ち粉の量が足りずに生地が手にくっついてしまったり 、包んだ際に生地同士が中々くっつかず、悪戦苦闘している子もいましたが、みんな最後まで諦めることなく一生懸命取り組んでいました  またあんこの大福を作り終わった後は、イチゴ を使用した大福を制作していきました。あんことは違い、イチゴ の形がまちまちで包むのが難しかったのですが、説明の手順を守って上手に作ることが出来ていました 
2つの大福を作った後はいよいよラッピングです 透明な袋の中に大福の形が崩れない様に気を付けながら慎重に入れて、蓋をテープでとめた後は桜の花びらのシールを袋に張り付けて完成です 最後はみんなの作った大福を一か所に集めて記念撮影をしました  
子供たちは自分たちで作った大福を大事そうに持ち帰り、カバンや袋に入れる時も「どうしたらきれいな形で持ち帰れるのか」をそれぞれ考えながら工夫していました  

今後もみっけクラブでは今回の「ひな祭り」の制作や先月の「バレンタインデー」の制作の様に四季折々の行事を意識した活動を行い、活動を通じて「自主性」や「イメージ力」を養ってもらいたいと考えています  

○Valentines Day○

2021-02-16
注目オススメNEW
 2021年もあっという間に1か月が過ぎ、2月ももう後半に差し掛かろうとしていますね。
まだまだ寒い日が続いていますが、体調管理をしっかり行い、暖かい春を迎えていきたいですね。

 さて今回は先日みっけクラブ内で行った「季節の制作」についてお話しさせていただきます。
今回の2月の季節の制作は皆さんのお察しの通り、「バレンタインのチョコ制作」を行いました  
いつもならみんなで協力し、役割分担をしながら一緒に作っていくのですが、今回は新型コロナウイルス情勢の事も有り、子どもたち一人一人で作業を行い、自分自身で制作したオリジナルチョコレートを持ち帰りました 
 また今回の制作に関しては子ども達の自主性を重んじ、子ども達に「どんなものを作りたいのか」とイメージを明確に持ってもらい、どのようにすれば作れるのかを考えてもらいながら作業を行ってもらいました  

 みんなきれいに手を洗った後にスタッフがチョコレート作りの手順を説明します。みんな集中して説明を聞いており、マスク越しからでも真剣さが伝わってきます  始めの作業としてチョコレートを細かく砕き、ボウルの中で湯煎  をして溶かしていきます。
 とても熱いお湯を使用する為、やけどに気を付け、スプーン  を使用しながらかき混ぜていきます。しっかりかき混ぜてチョコレートが液体状になった後はホイップクリームを入れて更にかき混ぜていきます。すると不思議な事にだんだんと固まっていき、生チョコの出来上がりです  
 今度はその生チョコをそれぞれ思い思いの形にかたどっていきます。大きな○を作る子、小さな○を何個も作る子、○だけではなく△や□の形を作る子と一人一人が頭の中で思い描いたイメージを基に一生懸命作っていきます   また形作ったチョコにパウダーを付けたり、アーモンドを添えたりなど、子ども達の工夫がいっぱい見ることが出来ました  
 中々思った形が作れず、苦戦している子もいましたが、最後まであきらめずに取り組んでくれました  そして出来たチョコを容器に入れ、またラッピングもそれぞれで行ってもらい、みんなの思いが詰まったチョコレートが完成しました  是非ともみんなが頑張った証をご家庭で召し上がっていただけたらと思います  

 みっけクラブでは今後も、バレンタインデーなどといった四季折々の行事に基づいた活動を行い、子ども達に行事に対する意識を持ってもらい、また制作活動を通じて頭の中でイメージをするといった「想像力」や自分で考えて行動する「自主性」などを子供達一人一人に身につけてもらえればと考えています  






株式会社ナナS<札幌>
011-595-7770
〒062-0034
札幌市豊平区西岡4条8丁目13-15
TEL:011-595-7770
FAX:011-595-7509
お問い合わせはこちら
株式会社ナナS<秋田>
018-827-7709
〒010-0041
秋田県秋田市広面字釣瓶町132-1
TEL:018-827-7709
FAX:018-827-7879
お問い合わせはこちら
みっけ/りとるみっけ
みっけクラブ・フレンド/みっけキッズ
すまいるみっけ
TOPへ戻る