本文へ移動

みっけフレンドブログ

みっけフレンドブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

〇感謝の日〇

2024-06-20
気温も徐々に上がっており夏が近づいている事を実感させられる今日この頃
さて、みっけフレンドの6月の季節の制作では、父の日制作として「フォトフレームを制作しました
みっけフレンドでは、お父さんだけではなく、兄弟や祖父母等含めて「ありがとうと感謝の気持ちを伝えることを、「感謝の日」として活動しました
ちなみに、2007年に「3月9」日が感謝の日として一般社団法人日本記念日協会に認定されているそうです。

作り方は

1.フレームに張り付けるメインの折り紙を作成します。種類は「ハート「ビール「星の3つです。
それぞれに難易度もあり「星」が一番難しいですが、「挑戦してみたい!」というお友達ではスタッフとじっくり行う姿や、「ハート」「ビール」は比較的易しく、「出来たー!」とお手本を見ながらスラスラ進めているお友達もいました

2.「ガーランドの作成をします。色合いを考えながら、ひとつひとつ飾りを張り付けていきます。
飾りを三角に切って付ける際は、切り方を間違えると正しい形にならないため、スタッフの話をしっかりと聞きながら、「こうかな?」「こういうことか!」等、試行錯誤しながら行っていました
3.フレームに「タイルシールを張り付けていきます。
色は「ブルー」「グリーン」「ピンク」の三種類。「ありがとう」と言いたい人を思い浮かべてもらい、その人は何色が好きなのか、また、折り紙やガーランドの色に合わせながら、「ブルーだと合う!」「ピンクなら喜びそう」等、考えながら張り付けていました

4.「メッセージを書いて完成です。
「いつもごはんをつくってくれてありがとう」「いつもせんたくものをたたんでくれてありがとう」等、たくさんの「ありがとう」がありました

〇母の日〇

2024-05-09
新年度がスタートして、早くも一か月
少し疲れが出てくる頃かもしれません
体調管理に注意しながら、今月も楽しんでいきたいと思います

5月のイベントといえば、ゴールデンウィークが終わると、『母の日』です
いつもご飯を作ってくれたり、お掃除やお洗濯をしてくれる優しいお母さん
ありがとうの気持ちを込めてプレゼントを作りました

まずは、テープを折って花びらを作ります
さぁ、うまく折れるかな
最初は均等に折ることに苦戦し、「むずかしいー」「うまく折れなーい」と、試行錯誤していました
次第に折り方のコツを掴むと、「最後まで頑張るぞー!」と、スラスラと進めています
そして、折ったテープを張り付けて積み重ねていきます
どんどん大きくなっていくお花の姿に「綺麗!」「完成に近づいてきた!」など、集中して取り組んでいました

次に、実際に手形を取ります
取った手形、出来上がったお花やリボンを、台紙に装飾していきます
最後に感謝の気持ちを込めてメッセージを書きました
「母の日は、お母さんにいつもありがとうの気持ちを伝える日だよ」とスタッフが話すと、子どもたちからは「ご飯を作ってくれる!」「遊んでくれる!」など、いつもお母さんがしてくれていることがたくさんありました
メッセージカードの色を選ぶ場面では、お母さんが好きな色を選んだり、特にひらがなを覚えたての一年生は文字を書くのも一生懸命に書いていました。

きっと、お母さんたちに感謝の気持ちが届いたと思います。

ご入学・ご進級おめでとうございます!

2024-04-19
 ご入学・ご進級おめでとうございます新年度のスタート、”どきどき””わくわく”の毎日に、親子で心身ともに”お疲れモード”の日も多いのではないでしょうか時に肩の力を抜いてリフレッシュしながら、さわやかな笑顔で過ごされるよう願っています

 さて、みっけフレンドでは新しいお友達を迎え、賑やかな毎日を過ごしています初めは緊張した表情が多かったのですが、年上のお友達からわからない事を教えてもらったり、子ども同士でのやり取りが見られるようになりました。ですが、まだまだ大きな環境変化にはまだ慣れず、落ち着かないこともあるかと思います特に、ASD/ADHDの要素があると、日常の中で困りごとが起きやすいです

 ASD的な要素ではコミュニケーションが苦手だったり、感覚過敏があってうるさいところが苦手だったり、マルチタスクが苦手だったりします。ADHD的な要素で、落ち着きがない、衝動的に人に変なことを言ってしまう、といったことでトラブルが起きます

 トラブルが起きると、怒ってしまう人がいます自分が悪いと思うよりは「相手が悪いのだ」と思います。なぜ怒りっぽいかと言うと、何かの出来事があったときに、過去の記憶を思い出しながら人はいろいろなことを判断するからです記憶の中では、嫌なことがあると喧嘩をするものなんだ、怒るものなのだという刷り込み、学習があることもあります。やられたのでやり返さなければいけない、それを取り込んでしまったパターンで、相手に対して怒りを持って対応しないと自分がやられてしまうのではないかと考えてしまうことがあります実際、自分のことを悪いと思うのは結構難しいです。人間の原始的な要素としては、怒るとか人のせいにするというのが基本です。ですから、怒るというのは変なことではなく普通なのです

 ではどうしていくのが良いかと言うと、合理的配慮SSTで苦手なことを減らしてあげたり、本人が困らないような環境を作ってあげる、といったことが大事です

 ポイントは「コーチング」「アンガーマネジメント」です

 療育なので、コーチング的なもの、常識を補うようなこと、人はこういう時にこんなことを思うんだよ、相手はこういうことを思ったんだよ、あの時あなたはもしかしたら怒っていたのではなく悲しんでいたのかもしれないねなど、「人間はこういう時にこういうことを思うものだ」という感情の教育も重要です

 また、怒りを感じたときにどうすれば良いのか、深呼吸をする、マインドフルネスのようなことをする、そのようなアンガーマネジメントのスキルを身に付けてもらうのも良いのではないかと思います

 いろいろなことをやらなければいけないので難しいですが、ここだけをやれば治るというものではないので、全体的な視点を持って療育していくことを心掛けて、私たちスタッフも関わっていきたいと思います。新年度もどうぞよろしくお願い致します。

☆外出体験☆

2024-03-25
3月20日札幌市豊平川さけ科学館外出体験を行いました

今回の目的は「公共ルールをしっかり守り他のお客さんに迷惑がかからないよう、沢山の人がいる中で移動する時は何に気をつけたら良いのか、自分達で考えながら行動する」ことです。
 
まずは本館の「展示ホール」へ行き、見学スタート
サケ産卵のジオラマ、ビデオ、図書などで、サケのことを詳しく知ることができます。特に、本物と同じ重さのサケ模型には興味津々で、「これがえらぶたなんだ」「これが肝臓なんだ」と、感心していました!
 
次に「飼育展示室」に行きました!ここでは、サケの仲間を種類別に水そうで飼育展示しています日本では珍しい種類もあり、子ども達がたくさんの水そうの周りを何周もする姿が印象的です
 
その後、「地下観察室」に行き、大きく成長したサケの仲間を水族館のように横から見ることができますサケ稚魚の群れも迫力満点で、展示横の説明を見ながら真剣に見ています
 
「さかな館」では、トビウオやハゼの仲間など豊平川にすむ魚のほか、カエルやザリガニなど、身近な水辺の生き物を見て楽んでいますまた、飼育員さんに「ごはんは何を食べるの?」「寿命はどれくらいなの?」など、積極的に質問してお話を真剣に聞いています
 
最後は「屋外観察室」に行き、サケの仲間にエサやり体験を行いました。サケの群れを見つけては追いかけて、どんなふうにエサを食べるのかじっくり観察しています
 
今回の外出体験で、社会的ルールやマナーはもちろん、魚たちに触れ合い、命の大切さを学んでもらえたのではないかと思います。子どもたちの今後の生活に、今回の体験が少しでも活かされたらと思います。

♡ハッピーバレンタイン♡

2024-02-22
2月14日のバレンタインデーに合わせ、チョコレート制作を行いました
作ったのは、ムギチョコ
まずは、手を洗います
手を洗ったら、自分の体には触らないなど、決まり事を守りながら、衛生面に気を付けて行いました
次に、チョコレートを溶かします
みんな「いい匂いがする~」と言いながら、意欲的に取り組んでいます
そして、溶かしたチョコレートにムギムギを混ぜます
均等にチョコレートとムギムギが混ざるように、工夫しながら一生懸命かき混ぜています
最後にトッピング
」、「」、「
色合いも考えながら、こぼれないように慎重にのせています
出来たら、チョコレートを冷蔵庫で固めてラッピング
ラッピングにはお父さんお母さんや兄弟など、渡す人に感謝の気持ちを込めてメッセージを書いています
「なんて書こうかな?」と、一生懸命考え悩みながらも、「いつもありがとう」「だいすきだよなど、メッセージを真剣に書いていました
ラッピング包装では、チョコレートが崩れないようそうっと丁寧に包んでいます
季節の制作を通して表現する喜びを体験し、季節の変化に興味をもてるよう、豊かな感性を培っていきます
株式会社ナナS<札幌>
011-595-7770
〒062-0034
札幌市豊平区西岡4条8丁目13-15
TEL:011-595-7770
FAX:011-595-7509
お問い合わせはこちら
株式会社ナナS<秋田>
018-827-7709
〒010-0041
秋田県秋田市広面字釣瓶町132-1
TEL:018-827-7709
FAX:018-827-7879
お問い合わせはこちら
みっけ
みっけクラブ・フレンド/みっけキッズ
すまいるみっけ
TOPへ戻る